【住まいあんしん倶楽部】千葉県市原市のリフォーム・増改築専門店

水回りのリフォームの費用一覧!まとめてリフォームするとお得?

投稿日:

水回りは家の中でも老朽化しやすい設備であり、費用もそれなりにかかります。「いざリフォームをしようと思ったけど、資金が足りない!」と焦ることのないように、ざっくりと費用を確認しておきましょう。水回りは同じようなタイミングでリフォームする必要がでてくる場合も多いので、まとめてリフォームした方がお得なのかも気になりますよね。

この記事では、まとめてリフォームした場合にも触れながら、水回りのリフォームについて解説します。これからリフォームをしようと思っている方だけでなく、将来リフォームする際の資金を知りたいと考えている方も参考にしてみてくださいね。

水回りのリフォームの費用一覧

水回りの設備をリフォームした際にかかる費用を一覧でご紹介します。どの設備も本体の価格やリフォームの範囲によって、リフォームの費用が大幅に変わりますので、ざっくりとした目安で考えるといいでしょう。リフォーム費用について、設備ごとに詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

キッチン

キッチンのリフォームの費用は、50~300万程度と、水回りのリフォームの中でも高額といえるでしょう。近年では、壁付けのキッチンをアイランド型やペニンシュラ型に変更し、間取りまで変更するケースも増えてきています。キッチンの場所を変更する場合には、配管などの設備の移動が必要になるため、高額になります。また、最新の設備を備えたキッチンを選ぶ場合にも費用が上がります。

費用を抑えたい方はスタンダードなキッチンを選んだり、部分的なリフォームを検討するといいでしょう。キッチンのリフォームをする際、費用に大きく関わるのは、「キッチンの位置・本体のグレード・食洗器などのオプション」です。自分の理想にあったものを選んでください。

お風呂

お風呂のリフォームは60~300万円と、費用に幅があります。お風呂には、在来工法とユニットバスの2つの種類があり、「リフォーム前のお風呂のタイプ」と「リフォーム後のお風呂のタイプ」によって費用は大きく変わります。例えば、在来工法からユニットバスにお風呂のタイプを変更する場合は、給水・排水管や電気配線の工事などが追加される場合があるため、費用が高くなる傾向にあります。

在来工法は、全てオーダーメイドで作り上げるお風呂です。浴槽やシャワーの位置、壁などのデザインも自分で決めることができるため、費用が高額になります。ユニットバスは工場で生産されたパーツを現場で組み立てるため、工期が短く、費用も比較的安価です。

ユニットバスは、保温性が高く、バリアフリー仕様になっているものが多いため、近年主流となっています。ユニットバスでも、浴槽の素材や大きさ、グレードによって費用が異なります。浴室暖房機や浴室テレビ、ジェットバスなどのオプションを付ける場合には、費用が高くなるため、しっかりチェックしましょう。お風呂から染み出た水によって、周りの柱などの木の部分が腐食している場合にはさらに費用がかかる可能性があるため、お風呂のリフォームはタイミングも重要です。

 

トイレ

トイレのリフォームの費用は10万円~70万円程度です。リフォーム後のトイレ本体の種類だけではなく、現在のトイレの種類もトイレのリフォーム費用に大きく関係します。タンク付きトイレからタンクレストイレに変える場合や、和式トイレから洋式トイレに変える場合だと配管まで変更する必要があるため高額になります。

また、トイレのスペースが狭い場合も、注意が必要です。スペースが狭い場合、タンクレストイレなどの高額なトイレを導入する必要があるため、高額になるケースが多いため、注意しましょう。

洗面台

洗面台をリフォームにかかる費用は10~70万円です。洗面化粧台の価格はもちろん、内装を変更するかどうかでも費用は変わります。洗面化粧台は使い方によって、設備が異なります。洗面ボウルを2つにしたり、洗面台を小さくしてカウンターを設けたりと大きさだけではなく本体の設備がカスタマイズできるのがポイントです。

洗面台のリフォームで洗面化粧台以外に高い費用がかかるのは、トールキャビネットやクロスの張替などです。収納を増やすためにメーカー純正のキャビネットを付属すると費用は上がりますが、狭い空間を有効活用して収納量が増やせるため、収納が足りないと感じている方は検討してみてもいいでしょう。また、洗面化粧台を新しくすることで、壁や床の劣化が気になるようになる方も多いので、周りの状態を見て、クロスの張替えも検討してみてくださいね。

まとめてリフォームした方がお得?

水回りのリフォームはどの場所もある程度の費用がかかりますが、できるだけ費用を抑えたいという方は多いはず。業者によっては、複数の設備をまとめてリフォームするプランを用意していることがあります。メーカーから一括して設備を購入でき、工事準備などが効率的に行えることから、個別でリフォームするよりもお得にリフォームできます。ユニットバス・キッチン・洗面台・トイレの4箇所をセットにしたプランや3箇所セットにできるプランなどがあります。

住まいあんしん倶楽部では、ユニットバス・キッチン・洗面台・トイレの4箇所をセットにしたプランをご用意しています。人気の高い2つのプランをご紹介しますので、セットプランを検討されている方はぜひ検討してみてください。

 

水回りをセットでリフォームする時の注意点

リフォームをセットで行う場合には、通常のリフォームと比べて注意すべき点があります。一つ目は、メーカーや設備の種類が選べない可能性が高いこと。メーカーや製品が決められたプランであることが多いためです。使いたい設備が決まっている場合には、セットでもリフォームはやめておいた方がいいでしょう。

二つ目は、状況によって追加で費用がかかる可能性があるということです。在来工法の浴室をユニットバスにリフォームしたり、和式トイレを洋式トイレに変更する場合には、水道管やガス管の移動が必要になります。設備の種類を変更する場合や、設備の周辺にもリフォームが必要な箇所が見つかった場合などは追加で費用がかかるため、注意してください。住まいあんしん倶楽部では、事前に現地調査を行い、お見積書を作成させていただきますので、ご安心ください。

まとめ

築15~20年でリフォームする必要が出てくるため、築10年をすぎた頃からリフォーム計画を練るのが理想的です。費用は新しい設備の価格や、リフォーム時の設備の状態によっても変わります。おおよその金額を確認して費用を確保しておけば、リフォームする段階になってから慌てることなく依頼できます。リフォームを考えている方は、それぞれの設備で費用が高くなるポイントに気を付けながら理想の空間を作り上げてみてください。

住まい安心倶楽部では、お財布に優しいセットプランをご用意しております。一箇所からでも費用に合わせてリフォームプランを作らせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

無料相談お見積りはこちら

ご来店予約はこちら