【住まいあんしん倶楽部】千葉県市原市のリフォーム・増改築専門店

お風呂の断熱リフォームを解説!TOTO・LIXILなど各メーカーのユニットバスを紹介

投稿日:

はじめに

あなたは、冬場のお風呂で鼓動がドクドクと早くなったり、浴槽から立ち上がった時にフラッとめまいがしたりと、お風呂で危険を感じたことはありませんか?それは、気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こるヒートショックという現象です。ヒートショックは、冬場に暖房の効いたリビングから脱衣所に移動し、浴槽に入るときなどに起こりやすいです。ヒートショックを防ぎ、お風呂に快適に入るためには、お風呂の温度が下がりすぎないような空間、すなわち断熱リフォームを行うのが有効です。「私は関係ない」と思うかもしれませんが、ヒートショックの死亡者数は交通事故と比べ、倍ほどまでに多いのが現状です。あなたはもちろん、負担がかかりやすい高齢者の方などのためにもこれを機に”断熱リフォーム”をぜひご検討してみてください。この記事では、お風呂が寒い原因と対策、各メーカーのユニットバスの性能について触れていきます。お風呂のリフォームを考えている方はぜひ参考にしてみてください。。

お風呂が寒い原因は?

お風呂が寒い原因はいくつかありますが、屋外の熱がお風呂に伝わってしまっているのが共通点です。外気が入り込んでしまう原因は、断熱施工が不十分なことが多くあります。基本的な断熱施工が取られていなかったり、施工が不十分で隙間が空いてしまっていることが原因です。

戸建てにおける基本的な断熱施工法

一般的に戸建ては、居住空間を覆うように断熱材が施工されます。外壁に関しては、居住空間以外がある場合には、外気に接する壁と居住空間との間に間仕切り壁を作ってその間に断熱材を入れます。そして、床については、床下換気口若しくは基礎パッキンを設けた1階の床及びオーバーハングになっている床の床下面に断熱材を入れるということになっています。

近年の住宅のお風呂は、ユニットバスを入れ込むため、他の部屋と同じような床を設けません。そのため、床面に断熱材を施工していないケースが存在します。

床断熱方法が問題のことが多い

外壁部は他の部屋と同じように断熱材が入っていることが多いですが、床の断熱材が入っていない住宅が見られます。「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」で定められている省エネ基準には、お風呂の下部についても定められていますが、残念ながら断熱対応を無視した施工が行われていることがあります。

 

ユニットバスには、お湯の温度が下がらないように、ユニットバスのメーカーが断熱材を入れていますが、省エネ基準で述べられている断熱対応は、建物を造る際に現場で対応することが求められています。もしも、お風呂の身が極端に寒い場合には、床下の断熱対応がされていない可能性があります。

配管によるすきまや窓が原因

断熱材がしっかり入っている場合でも、配管・窓のすきまによって、外気が侵入し、お風呂の温度が低下している可能性もあります。お風呂やその周りにある洗面所などは、配管や配線が通っています。配管等を壁や断熱気密層に貫通させた際にできた隙間はしっかりと塞ぐ必要があります。しかし、隙間を塞ぐ処理が不十分な場合、外気が入り込んでしまいます。

また、お風呂に窓がある場合には、窓から熱が逃げてしまっている可能性があります。窓は熱の流出が最も多い場所のため、断熱性能の悪い窓が設置してある場合には、熱が逃げてしまう可能性があります。アルミサッシで単板ガラスの窓などは、断熱性能が低いことが多いです。

お風呂の断熱リフォーム方法とは

寒いお風呂をリフォームするための方法は、大きく分けて4つあります。窓の断熱性能が悪い場合には、「内窓の設置・窓交換」が有効です。そして、ユニットバスを交換する予定がある場合には、家の基礎部分に「性能の高い断熱材を入れる」のがおすすめです。さらに、「断熱構造のユニットバスを選ぶ」ことでお湯が冷めにくい状態を作ることもできます。窓がない場合や窓の断熱性能が問題ない場合は、「浴室暖房乾燥機を導入する」ことを検討してみてください。ここからは、それぞれの断熱リフォーム方法について詳しくみていきましょう。

内窓の設置・窓交換

断熱性が低い窓が設置してある場合には、内窓を設置するのがおすすめです。内窓とは、既存の窓の内側に新しい窓を付ける方法です。内窓を設置することで、室内の空気と外気との間に空間ができ、熱が伝わりにくくなります。

さらに、内窓の素材を断熱性の高いものにすると、さらに熱が伝わりにくくなります。熱伝導率がアルミに比べて低い樹脂のサッシは気密性を上げてくれます。また、複数のガラスを使用した断熱ガラスは、ガラスとガラスの間に空気の層を作ることで熱を伝わりにくくするためおすすめです。

性能の高い断熱材を入れる

ユニットバスの床下に性能の高い断熱材を入れるのもおすすめです。床下に断熱材が入っていない場合には、しっかりと断熱材を入れることで、劇的にお風呂の寒さが改善されるでしょう。お風呂の床下に断熱材を入れるのは、基礎断熱工事になります。ユニットバスの下にある基礎の部分に断熱材を施工することになるため、ユニットバスを取り外すこととなります。そのため、ユニットバス自体を交換する、お風呂全体のリフォームを視野に入れて考えてみてくださいね。

断熱構造のユニットバスを選ぶ

断熱構造のユニットバスを選ぶのもおすすめです。浴昔に比べて、ユニットバスの断熱性能が上がっており、壁や床の素材自体も断熱性の高いものが開発されています。例えば、床に発泡ウレタンのクッション層を作ったり、壁面には断熱パネルが使用されたりとユニットバスそのものの断熱性を上げるのもおすすめです。室に入った瞬間のヒヤッとした足裏の寒さを予防して、ヒートショックの原因となる温度の差を小さくすることで、過ごしやすいお風呂になります。保温機能の高い浴槽を導入することで、さらにお風呂を快適に過ごすことができます。

浴室暖房乾燥機を導入する

お風呂に暖房を設置するのもひとつの方法です。浴室暖房乾燥器を設置することで、お風呂の換気・暖房・乾燥までひとつで行うことができます。入浴前から暖房をいれておくことで、ヒートショックを防ぐことも可能です。

しかし、お風呂自体の断熱性が低いと、浴室暖房の効率が悪くなり、光熱費が上がってしまいます。ある程度の断熱性能が確認されている状態で浴室暖房乾燥機を設置するのが良いでしょう。

各メーカーの断熱性が高いユニットバスを紹介

TOTOやLIXIL、タカラスタンダードなど、水回りの設備を手掛けるメーカーからは、断熱性能の高いユニットバスが発売されています。今回紹介したメーカーの浴槽は全て、4時間後の温度低下を2.5℃以内に抑えており、どのメーカーのユニットバスも高い性能をもっています。ユニットバスを交換したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

TOTO(サザナ)

引用:https://excel-e.com/specification/bathroom-toilet/

今では各メーカーが採用している高断熱浴槽の先駆けはTOTOだと言われています。フォーム産業新聞が開催する「リフォーム対象2022」では、上級価格帯でTOTO「シンラ」が1位、中級価格帯で「サザナ」が1位を獲得しています。また、全価格帯の中で最も得票数が高かったのが「サザナ」です。魔法瓶浴槽とほっカラリ床の機能性が評価されました。

魔法瓶浴槽とは、浴槽の下に浴槽断熱材として発泡スチロールが入っており、4時間で温度低下を2.5℃以内に抑えると謳っています。また、ほっカラリ床は、床パネルの下に内断熱材として発泡ウレタンが入っており、その下には外断熱として発泡ポリプロピレンが設置されています。

LIXIL(スパージュ・アライズ)

引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/spage/function/atataka/

ユニットバスの最大手ともいえるLIXILは、スパージュ・アライズ共に、床・壁・天井・浴槽全てに保温剤が使われているのが特徴。天井には厚さ10mmのグラスウール、壁のパネルには発泡ウレタンや樹脂発泡シートなどの断熱材、洗い場の下には厚さ4mmの樹脂発泡シートがひかれています。

そして、浴槽はサーモバスSという断熱材が着いたモデルとなっており、保温材が入った組フタも付属しています。

 

タカラスタンダード(グランスパ)

引用:https://www.takara-standard.co.jp/product/system_bath/heat/

タカラスタンダードは、2022年8月からお風呂のシリーズをリニューアルしています。「プレデンシア」・「グランスパ」・「エメロード」で、ユニットバス全体を保温材で包み込むパーフェクト保温を標準装備。天井には24mm、浴室パネルには16mmの保温材が入っており、床にはお湯がかかると温まる磁器タイル+保温剤が設置されます。

そして、窓は樹脂サッシと複層ガラスが使われた断熱仕様となっているのもポイントです。浴槽の外側も保温材が吹き付けられており、蓋にも保温材が入っています。

お風呂の断熱リフォームのポイント

断熱を目的に、お風呂を効率的にリフォームするためのポイントはリフォームする箇所にあります。まずは、断熱の基本となる家の基礎部分の断熱です。そして、外気に接している箇所である窓の断熱。さらに、ユニットバスの断熱です。それぞれどのようなリフォームが最適なのか、そしてどのようなケースでどのリフォームが必要になるのかをしっかり確認していきましょう。

基礎断熱を途切れさせない

お風呂をしっかりと断熱したい場合には、基礎部分の断熱に妥協しないことが必要です。断熱気密層と呼ばれる空気の層を連続させて途切れさせないように施工することで、外気からの影響を受けにくくするリフォームが有効です。お風呂の下に断熱気密層を作る方法は2つあります。1つ目は、気流止めという方法で、浴槽と壁の隙間を気流止めで塞ぎ、浴槽の断熱層と壁の断熱層を連続させます。2つ目は、洗面所からお風呂場の基礎部分に断熱材を入れて、断熱気密層を連続させる方法です。

1つ目の気流止めについては、浴槽と壁の間の隙間は幅が広い場合が多いため、しっかり気密をとるのは難しいと言われています。気流止めを採用する場合には、浴槽と壁の隙間がしっかり塞がれているかどうかをしっかり確認してください。

2つ目の基礎断熱を入れる方法は、気密性がとりやすいという利点があります。もともとお風呂の下の基礎断熱を施工していない場合には、基礎部分の通気パッキンから外気がはいってきてしまう可能性があります。そのため、基礎断熱工事をする時に通気パッキンをしっかりと埋めるように業者と打ち合わせましょう。

窓の断熱性能を上げる

床下の基礎断熱工事をするためには、ユニットバスを解体する必要がありますが、そこまで費用がかけられない場合や、ユニットバスが新しく、取り換えできない場合には、窓の断熱性能を上げるのがおすすめです。

既存の窓の断熱性を上げるためには、前述したように内窓を取り付けるのがおすすめです。サッシとサッシの間に空気の層を作ることで、断熱性が上がります。内窓を設置するのが難しい場合には、単板ガラスから複層ガラスに取り換えるといいでしょう。複層ガラスは、ガラスとガラスの間に空気の層があるため、単板ガラスに比べて断熱性能が上がります。

ユニットバスの断熱性が必要なケース

断熱性能の高いユニットバスを導入したほうが良いケースとは、ある程度の断熱性があり、浴室暖房を使うのが過剰である住宅です。つまり、基礎断熱が施されている住宅や床下が外気に触れることがないマンションなどです。

気密性が確保されており、家自体の温度がそれほど下がらない家の場合は、ユニットバスの断熱を確保して、浴室暖房を使わないのがおすすめです。

 

まとめ

お風呂が寒い原因は、家の基礎や窓、隙間などにあることが多くあります。その改善はもちろん、エアコンなどの電気代の節約にも繫がります。これからの時期、冬場は特にヒートショックが起こりやすいです。安全でリラックスとしたバスタイムのためにも“断熱リフォーム”をするといいでしょう。

 

お風呂が寒い原因が明確にわからない場合や、高額なリフォームをする余裕がない場合には、リフォーム業者と相談することで、ご自宅に合ったリフォーム方法を提案してもらえる場合があります。お風呂の寒さで悩んだら、我慢せずに、一度リフォーム業者に相談してみてくださいね。

住まいあんしん倶楽部は、水回りのリフォームを得意としており、これまで多数のお風呂のリフォームを手掛けてきました。その経験を活かし、ご自宅とお客様に最適なリフォーム方法を提案させていただきます。お風呂のリフォームを考え出したら、ぜひ一度弊社にご相談ください“住居とお客様”2者に対して誠心誠意対応させて頂きます。

 

無料相談お見積りはこちら

ご来店予約はこちら