【住まいあんしん倶楽部】千葉県市原市のリフォーム・増改築専門店

キッチンリフォームで悩むコンロ問題!ガスコンロとIHを比較

投稿日:

はじめに

キッチンをリフォームしようと考えた方が悩みやすいのが、「ガスコンロにするか、IHにするか」という問題ではないでしょうか。使い慣れたガスコンロも捨てがたいですが、近年導入する家庭が増えているIHクッキングヒーターも気になりますよね。この記事では、ガスコンロとIHクッキングヒーターのメリット・デメリットや光熱費などをまとめました。コンロをどちらにするか悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ガスコンロ・IHクッキングヒーターとは

ガスコンロとIHを比較する前に、まずは、それぞれがどのようなコンロなのかを確認していきましょう。ガスコンロは広く普及しているため、使い慣れているガスコンロにしたいと考えている方も多いはず。しかし、近年ではIHを導入する家庭も増えているため、IHの魅力もしっておきたいですよね。ご家庭に合うかどうかを見極める材料ともなりますので、それぞれのコンロの特徴をぜひ確認してみてくださいね。

ガスコンロの特徴

ガスコンロは、ガスを燃料として調理を行う機器です。一般的にキッチンリフォームで取り入れられるのは、システムキッチンに組み込まれるビルトインコンロです。ガスコンロは、都市ガスとプロパンガス(LPガス)の2種類のガスを使用するものに分かれます。それぞれ性質が異なり、ガスの種類によって使えるガスコンロが異なります。

ガスコンロは、炎が調理器具を加熱するため、鍋を振るような調理や焦げ目を付ける料理をしやすいのが魅力です。また、ガスコンロに調理器具を置くためのゴトクがあることで、プレートが傷つきにくくなり、長持ちしやすいのも特徴です。

IHクッキングヒーターの特徴

IHクッキングヒーターのIHとは、「induction heating」の頭文字で、電磁誘導加熱という意味です。プレート内部にある渦巻き状のコイルや磁力線に電流を流して発熱させる仕組みです。金属に電流を流すことで発熱するため、衣服や紙などは発火することがなく、安全性が高いのが特徴。直接熱が伝わるため、熱伝導効率が良く、プレートが平らなため、掃除が簡単です。

メーカーやグレードによって、さまざまな安全性能や便利機能を搭載したモデルが販売されています。IHを選ぶ方は、各モデルの性能をしっかりチェックしましょう。

ガスコンロ・IHクッキングヒーターのメリット・デメリットを比較

ガスコンロとIHはそれぞれメリットデメリットがあります。どちらも自分にとって使いやすいのはどちらかを見極める時には、それぞれのメリット・デメリットを比較するとわかりやすいでしょう。

ガスコンロのメリット

ガスコンロは、ガスを燃料としているため、停電時にも使うことができます。災害時には全ての電気が使用不可となってしまいますが、ガスコンロが使えることで調理や明かりの確保など、役立つ場面が多くあります。

また、炎が見えることによって、火力の調節がしやすいのもポイント。火の強弱で、食材の加熱状況がわかるため、感覚的な調理が可能。お子様へ火の教育をする機会も多くなります。

IHは、調理器具の素材によって、使えないものがありますが、ガスコンロでは全ての調理器具を使うことができるのもメリットです。都市ガスもプロパンガスも調理器具に制限がないため、調理器具を購入する時に使用可否を確認する必要がありません。

ガスコンロのデメリット

ガスコンロのデメリットと聞いて、火災やガス漏れが思い浮かぶ方もいるでしょう。小さなお子様や高齢の家族がいる場合には、洋服へのもらい火やいたずらなどには注意が必要です。現在では、鍋の加熱しすぎによる火災や焦げ付きを防止する安全センサーを搭載することが法律で義務付けられています。

ガスコンロの場合には、掃除が少々手間になるのがデメリット。IHの場合には、汚れたらプレートをふき取るだけで掃除が完了しますが、ガスコンロの場合には、ゴトクや細かなパーツを外して掃除をしなければなりません。パーツに焦げ付きがある場合には、掃除に手間がかかる場合もあります。

IHクッキングヒーターのメリット

IHは、直接的な火災の心配が低いのが大きなメリットです。磁力でくっつくものだけを発熱させるため、紙や布などを発熱させる心配はありません。うっかり触ってしまったり、衣類に燃え移ってしまう危険性がないため、お子さんや高齢者がいるご家庭におすすめです。

また、IHはフラットなガラス天板のため、凹凸のある部品が少ないため、ガラスコンロに比べて掃除が簡単。キッチン特有のギトギト汚れが付きにくいのもIHの特徴のひとつです。水蒸気が発生しにくいIHは、水蒸気と油が結合しにくいため、油汚れが天板にこびりつきにくくなっています。

IHクッキングヒーターのデメリット

IHは、停電時に使えなくなってしまうのがデメリット。お湯を沸かすこともできなくなってしまうため、災害時のためにカセットコンロなどを用意して対策するのがおすすめです。

また、IHは全ての調理器具が使えるわけではなく、素材によって使えるものと使えないものがあります。鉄や鉄鋳物、鉄ホーロー、ステンレス製等が使われている調理器具を使うことができます。IHで使うことができる調理器具には、IH対応と書くことが通例ですので、記載があるものを選びましょう。

さらに、IHは、炎を使用して調理するものではないため、焦げ目を付けたり、直火を必要とする調理には向いていません。鍋を振って調理したいという方は、鍋振りに対応したIHを選びましょう。

ガスコンロ・IHクッキングヒーターの光熱費比較

毎日使うコンロを選ぶ際には、光熱費もチェックしておきたいポイントです。しかし、ガスコンロとIHの光熱費を比較するのは非常に難しいと言えます。それは、IHとガスコンロを使用する時の、熱伝導率や使用時間が異なるからです。まずは、ガスコンロとIHの1時間あたりのコストを確認してみましょう。

一般的なガス発熱量である、都市ガス(東京ガス)で45MJ/㎥、プロパンガスで99MJ/㎥を元に、強火(2.97kW)、中火(1.68kW)、弱火(0.38kW)として計算します。さらに、IHについては、昼間と夜間とで電気料金単価がかわるため、それぞれ27.5円と20.5円、IHクッキングヒーターの消費電力は最大5.8kWとします。

さらに、ガスコンロIHのコストを求める計算式は下記を使用します。

ガス代=出力(kW)×3.6MJ/h×時間(h)÷ガスの発熱量(MJ/㎥)×ガス料金(円/㎥)

電気代=消費電力(kW)×使用時間(h)×電気料金単価(円/kWh)

机上の計算では、ガスの方がコストが低いという結果になりました。ただ、IHは調理器具と接している面積が広く、熱が伝わりやすいという特徴があります。そのため、同じ強火でも食材に熱が伝わりやすく、調理が短時間ですむ可能性が高いです。したがって、計算式よりもコストが低くなる可能性は充分にあると考えられます。

IHを導入しつつ、なるべく光熱費を下げたいと考えている方は、電気代の設定が低い夜間に調理をまとめて行うなど、使用時間帯を意識するといいでしょう。

出典:Loop電気「IHクッキングヒーターとガスを比較!電気代を安くする方法は?」https://looop-denki.com/home/denkinavi/electricitybill/kitchen/ih

ガスコンロ・IHクッキングヒーターどちらを選ぶ?

ガスコンロとIHのどちらかを選ぶかは、ご家庭のライフスタイルによって異なります。メリットやデメリット、光熱費などを踏まえて、ガスコンロとIH、それぞれに向いている人をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

ガスコンロがおすすめな方とは

ガスコンロがおすすめな方とはガスコンロは、料理にこだわっている方やなるべくコストを低く抑えたい方におすすめです。ガスコンロのメリットとして大きいのは、調理のしやすさです。ガスは、火の調節がしやすく、食材をあぶったり、鍋を振ったりする料理が容易なのが大きなメリットです。これまでガスコンロが一般的であったことから、レシピなどもガスを前提に書かれたものが多くあります。そのため、料理にこだわりたい方はガスコンロを導入するのが良いでしょう。

また、光熱費と導入コストを考えた場合にも、ガスコンロの方に軍配が上がります。光熱費については、机上で計算できる範囲では、ガスコンロの方が安い結果となっています。また、光熱費だけではなく、ガスコンロからIHにリフォームする場合には、調理器具の買い替えなどに費用がかかります。ガスコンロとIHの本体価格の平均値はそれほど開きはありませんので、コストとしては光熱費と周辺器具の買い替えを頭にいれておくといいでしょう。

IHクッキングヒーターがおすすめな方とは

家庭のエネルギー源を電気のみにするオール電化を採用したいと考えている方や毎日のお手入れを楽にしたいと考えている方は、IHがおすすめです。オール電化にすることで、基本使用料を一本化でき、使用時間帯や蓄熱などを賢く利用することで光熱費全体を安くできる可能性があります。

さらに、IHはトップがガラス天板で、凹凸がないため、掃除が簡単なのが大きなメリットです。毎日の掃除や、範囲が広い汚れなども、サッと一吹きできれいにすることができます。毎日のお手入れを楽にしたいと考えている方は、IHがおすすめです。

まとめ

ガスコンロとIHは、それぞれにメリット・デメリットがあるため、ご家庭のライフスタイルによって、選択するのがおすすめです。ガスコンロは、災害時のライフラインの確保や使い慣れた調理器具を使うことができるというメリットがあります。IHは、安全性が高く、毎日のお手入れが簡単なのがメリットです。それぞれの特徴をしっかり把握して、使いやすいコンロを選択してくださいね。

コンロの種類を決めるのに、業者の意見を参考にしたいと考えている方も多いでしょう。住まいあんしん倶楽部では、これまで多くのキッチンリフォームをしてきた経験やノウハウがあります。リフォームの内容についても、しっかりとお打ち合わせさせていただきますので、キッチンリフォームに悩んでいる方もぜひお気軽にご連絡ください。

 

無料相談お見積りはこちら

ご来店予約はこちら